転職成功例を参考にする際のポイントは

転職成功例は数多く、ネットでも様々な体験談に触れることができます。しかし、それが本当の成功例かどうか判別することが難しいケースや、自分には応用できないケースもあります。

見栄を張って体験談を書く人や、自分との経験の差も存在するため、良い情報だけに惑わされないようにすることも大切なのです。

1.転職成功例が全て本当とは限らない

転職成功例は全て本当とは限らない点には注意が必要です。これはネット上にあふれる体験談のほとんどが匿名かそれに近い形での投稿が可能であり、真偽の確認が取れないからです。

雑誌などに載っている著名人の体験談ですら詐称が混じっていれば判別が困難になります。しかし、ポイントになるのは説得力があるかどうかです。

例えば、体験談自体はウソであったとしても、自分の長所のアピール方や転職へのアプローチ方法は間違っていない場合もあります。また、企業の人事担当者も一つの企業で一人という訳ではなく、数もこなしているため常に同じとは限らないのです。

鉄板と言われている特技であっても、同じような人材が多数集まればそれほど個性として光らなくなってしまう場合もあります。ポイントは、プラスアルファの段階まで能力やスキルを磨き込み、印象に残ることができるかどうかなのです。

2.成功するまでに多くの転職を経験する人も

転職をすると言っても、何回転職を行ったか具体的な回数や企業名を伏せている人も多いものです。転職が成功するまでに数年単位の時間を要した人や、落ちた会社が数十社では済まないような人も存在するのです。

また、自分が実力を発揮できる会社に出会うまでに何度も転職をしなければつかめないものもあります。何をもって転職を成功と呼ぶかは異なっており、いかに良い会社に入って給料が上がっても、その後が続かなければ無意味になってしまう可能性もあります。

中には複数の転職経験を武器に独立起業をする人もいるほどです。また、転職ノウハウを見つけたから成功する例も多いのです。自分にとっての成功が何なのかもしっかり確認した方がモチベーションの維持に役立ち、熱意などの姿勢で企業に評価されやすくなるのです。

3.失敗談も参考にする

転職成功例ばかりでは情報が偏ってしまうことも多いため、失敗談にも目を向ける必要がります。失敗談に関しても虚偽の情報が入っている可能性がありますが、リスクを防ぐことを考えれば考えるきっかけになるだけでも十分といえます。

特に転職を目指す場合に一度仕事を辞める場合は転職までの期間や、求人が出るタイミングも大きく影響しています。特に転職経験が一度でもあるかは重要で、経験があればそれだけ時間の節約テクニックなども身に尽きます。

年齢的な条件も加味されるため、自分の状態を冷静に分析し、体験談の経験者と比較するのも一つの方といえます。

冷静な分析が重要

転職の成功例を参考にする場合にも、いくつか注意する必要があります。

・すべてが本当とは限らない
・何度も転職している人もいる
・失敗談も参考に

世の中には見栄を張る人が存在し、話を膨らませる人も多くいます。すべての情報をうのみにしないだけでなく、転職経験が何回あるかなど表に出ない情報がある可能性にも配慮する必要があります。

失敗談も参考にするなどバランスをとりつつ、自分との比較を行えば、自然と転職成功につながる鍵が見つかるのです。

転職活動に打ち勝つ!成功する人の特徴とは?

転職活動は本当に大変で、時に辛いものです。自分の望む会社で働きたいと思っても、なかなかうまく行かないことの方が多いかもしれません。

そんな転職活動に負けないために、今回は転職活動に成功した人の特徴を探ってみました。もし今転職活動で行き詰まっている人がいれば、ぜひこれを読んでください。

転職に成功する人とは・・・

1.仕事に対するビジョンをしっかりと持っている

なぜ転職したいのか、しっかりとした理由を持ちそれを自分の言葉で説明できる人ほど転職活動に成功します。

転職する理由があるのは当たり前ですが、ただ現状に満足できない、など単純な理由ではなくこういう将来あるからこうしたい、と明確なビジョンをしっかりと持っている人に成功者は多くいます。

将来的なビジョンが浮かばなくとも、何がしたいか、何がしたくないか、仕事における自分の譲れないポイントをしっかりおさえることが大事です。

2.条件や給与をしっかり調査、確認している

せっかく転職しても給与が安すぎたり、残業手当がつかなかったりと条件が悪いと、また転職したくなりますよね。

転職に成功する人は、自分が働く条件をしっかりと事前に確認しています。また確認するだけではなく、事前調査も怠りません。自分が職場に何を望むのか、条件面からしっかりと考えておきましょう。

今はインターネットでも会社の評判を確認することができるので、ネットワークを最大限活かしてみましょう。

3.いちいち落ち込まず常に前向き

転職活動は簡単にはいきませんし、時期や条件によっては非常に時間を要します。それだけストレスもたまりますし、うまくいかないと自信も喪失します。それでもくじけずに前向きに活動していくことが転職を成功させる秘訣です。

どんなに面接で落ちたとしても、書類審査で通らなかったとしても、決して自分の決めた最低限の条件だけは崩さずに、常に前向きに活動しましょう。転職に成功する人は、転職する理由が非常にポジティブです。

自分の生活をより良くするためにも前向きに捉え、少しのことでも落ち込まない強い気持ちを持って挑みましょう。

4.計画的に活動することができる

仕事をしながらの転職活動は特に大変です。そんな中で、転職活動に疲れダラダラとしてしまう人もいることでしょう。

しかし、転職成功者は忙しいのであればテキパキと動き、短い時間の中で慎重に動くことができます。そのためには、自分がどの時間を有効に使って活動ができるのかなど自分の生活スタイルや習慣をしっかりと理解しています。

転職活動をするのならば、いつまでに転職したい、というだいたいの目標を掲げましょう。

転職活動には、タイミングも非常に大切です。頑張っても頑張ってもなかなかうまくいかないこともたくさんあります。

そんな時は焦らずに、これもタイミングだ、縁があればきっと受かる、と前向きに捉えることで自分のペースで焦らず行動することができます。自分の時間を大切にし、決して無駄にすることのないよう行動しましょう。

転職 – Wikipedia

転職の話を会社に言いだすのに適切なタイミング

転職の話が進んでいくと、どこかのタイミングで自分が今いる会社にもそのことを伝えていかないとなりませんよね。でも、それを言いだすのはいつが適切なタイミングなのか分かりますでしょうか?

円満に、スムーズに転職していく為には、このタイミングがすごく重要だったりします。そこでここでは、転職の話を会社に言いだすのに適切なタイミングについて紹介します。

1.理想は2か月~1か月半前

会社に転職の話を言いだすタイミングとして、理想なのは、1か月半から2か月くらい前です。もちろん転職先との兼ね合いで、もう少しギリギリになってしまうということも多いです。

なかなか転職で2か月待ってもらえるような交渉をするのは難しいですからね。ですから、あくまでも理想の数字ではあるのですが、理想を言うのであれば、このくらい早く言うようにする必要があります。

すると多少引き留められたとしても、しっかりと話をして納得してもらえますし、何よりも、自分がやるべき仕事の引き継ぎにゆっくり時間をかけることが出来るので、会社に迷惑をかけることなく退社していくことが出来るようになるのです。

それならば円満に退社できるのも当然ですよね。ですから、もし円満に退社したいと思ったら、やはり理想のタイミングは1か月半から2か月前です。

2.転職が決まるまでは言わないこと

ただ、いくら1か月半から2か月前が適切だからといって、そのタイミングで決まってもいないのに転職の話を切り出したら、転職がうまくい
かなかった時に気まずいを思いをするだけですし、決まっていないのに退社の話だけは進んでしまって、結果無職になってしまう可能性もあります。

もちろんその状態になってから改めて時間をかけて転職活動をするというのもアリですが、そこまでの余裕がある人はあまりいないでしょう。ですから、出来ることなら在職中に決めたいですよね。

それならば、転職がきちんと決まるまでは、会社には言いだすべきではありません。よほど関係性が良いという場合は除いて、転職が決まるまでは言わないようにしておきましょう。

3.最悪2週間以上前ならセーフ

では、最悪の場合いつまでに言いだせばよいのでしょうか。転職が急に決まり、割と急なスケジュールで退社しないとならなくなることもあるでしょう。

その場合は、2週間以上前に言いだせば、一応法律上では問題はないということになっています。ですから、急な場合は、それくらいのタイミングを意識するようにしておきましょう。

ただ、一応問題ないということではありますが、この場合は、あまり円満な退社とはならないでしょう。ちょっとだけ揉めたりする可能性もあります。ですから、もし可能ならば、やはり1か月半から2か月前に言うのが理想です。

転職エージェントでおすすめを比較しているサイトはこちら

マナーよく退社しよう

以上、転職の話を会社に言いだすのに適切なタイミングのご紹介でした。最後にまとめると、

・理想のタイミングは転職の1か月半から2か月前
・最低でも2週間前までには伝える
・転職が決まる前に言うのは良くない

ということになります。これらのことを参考に、マナー良く、適切な退社をしていってください。