転職成功例を参考にする際のポイントは

転職成功例は数多く、ネットでも様々な体験談に触れることができます。しかし、それが本当の成功例かどうか判別することが難しいケースや、自分には応用できないケースもあります。

見栄を張って体験談を書く人や、自分との経験の差も存在するため、良い情報だけに惑わされないようにすることも大切なのです。

1.転職成功例が全て本当とは限らない

転職成功例は全て本当とは限らない点には注意が必要です。これはネット上にあふれる体験談のほとんどが匿名かそれに近い形での投稿が可能であり、真偽の確認が取れないからです。

雑誌などに載っている著名人の体験談ですら詐称が混じっていれば判別が困難になります。しかし、ポイントになるのは説得力があるかどうかです。

例えば、体験談自体はウソであったとしても、自分の長所のアピール方や転職へのアプローチ方法は間違っていない場合もあります。また、企業の人事担当者も一つの企業で一人という訳ではなく、数もこなしているため常に同じとは限らないのです。

鉄板と言われている特技であっても、同じような人材が多数集まればそれほど個性として光らなくなってしまう場合もあります。ポイントは、プラスアルファの段階まで能力やスキルを磨き込み、印象に残ることができるかどうかなのです。

2.成功するまでに多くの転職を経験する人も

転職をすると言っても、何回転職を行ったか具体的な回数や企業名を伏せている人も多いものです。転職が成功するまでに数年単位の時間を要した人や、落ちた会社が数十社では済まないような人も存在するのです。

また、自分が実力を発揮できる会社に出会うまでに何度も転職をしなければつかめないものもあります。何をもって転職を成功と呼ぶかは異なっており、いかに良い会社に入って給料が上がっても、その後が続かなければ無意味になってしまう可能性もあります。

中には複数の転職経験を武器に独立起業をする人もいるほどです。また、転職ノウハウを見つけたから成功する例も多いのです。自分にとっての成功が何なのかもしっかり確認した方がモチベーションの維持に役立ち、熱意などの姿勢で企業に評価されやすくなるのです。

3.失敗談も参考にする

転職成功例ばかりでは情報が偏ってしまうことも多いため、失敗談にも目を向ける必要がります。失敗談に関しても虚偽の情報が入っている可能性がありますが、リスクを防ぐことを考えれば考えるきっかけになるだけでも十分といえます。

特に転職を目指す場合に一度仕事を辞める場合は転職までの期間や、求人が出るタイミングも大きく影響しています。特に転職経験が一度でもあるかは重要で、経験があればそれだけ時間の節約テクニックなども身に尽きます。

年齢的な条件も加味されるため、自分の状態を冷静に分析し、体験談の経験者と比較するのも一つの方といえます。

判断のタイミングが遅れ – 転職のリクルートエージェント

冷静な分析が重要

転職の成功例を参考にする場合にも、いくつか注意する必要があります。

・すべてが本当とは限らない
・何度も転職している人もいる
・失敗談も参考に

世の中には見栄を張る人が存在し、話を膨らませる人も多くいます。すべての情報をうのみにしないだけでなく、転職経験が何回あるかなど表に出ない情報がある可能性にも配慮する必要があります。

失敗談も参考にするなどバランスをとりつつ、自分との比較を行えば、自然と転職成功につながる鍵が見つかるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です