転職の際に中小企業を視野に入れるのも重要?

台所事情が苦しいのは中小企業の共通点と思う人もいますが、実際には大企業に負けない好待遇を用意している企業も存在します。

離職率が低いだけでなく福利厚生が充実しているなど、独自ビジネスの維持のためにあえて中小企業を選んでいるケースもあるのです。会社の規模だけで転職の幅を絞り込むのは損になってしまうこともあるのです。

1.一般的な中小企業は競争率が低い

一般的な中小企業は、給料がそれほど高くなく、昇給も少ないなど台所事情が厳しいイメージを持つ人がいます。多くの場合それは間違いではなく、実際に大企業と比べると劣ると言う面もあります。

しかし、逆に言えばそれだけ競争率が低いと言うことであり、転職してまず働きたいと言う意欲を活かしたい環境とも言えます。大企業だけに絞り込むと転職の成功率が著しく下がってしまうケースもあり、現実的に中小企業を選ばなければならない人も多いのです。

2.非常に優秀な中小企業も存在する

一方で、非常に優秀な中小企業も存在します。財政黒字であるだけでなく毎年の成長率を確保し、待遇も非常に良いお手本のような企業が存在するのです。

こういった企業は独自の形のビジネスやノウハウをもっているケースも多く、維持可能な範囲での成長策を講じるため表立った情報が少ないケースも多く、見つけるのが大変な場合もあります。

経済紙の優良な中小企業特集で見つける方法もありますが、求人が非公開や地元の人間を中心に公開されるなど非常に限定されている場合も多く、情報を集める側の能力も求められます。

待遇が良い分離職率も低く、競争率も高くなる傾向がありますが、視野に入れて損のない企業といえます。

3.実務経験を積みやすいのもポイント

中小企業のメリットとして、複数の業務を兼務するなど仕事の範囲が広く、様々な実務経験を積みやすい点があげられます。

工業系でも早くから現場に立って様々なノウハウを教えて貰えるケースも多く、知識や経験を身に着けると言う意味では非常に速い成長を見込める可能性があるのです。

大企業では自分の仕事がどう社会に影響しているか把握し辛いと言う難点も存在します。どれだけ適性があり、給料が良くても、精神的な充実感を得る方法を覚えないと仕事が長続きしない場合もあるのです。

プライベートで発散する人も多くいますが、仕事に愛着があった方が続きやすく、苦労も乗り越えやすいのです。また、次の転職を視野に入れて、敢えて中小企業を転職先に選び、スキルアップを重視する人もいます。

意外と知らない転職「成功者の応募数の法則」転職エージェントのアデコ

中小企業でも様々な企業がある

中小企業のメリットをまとめると以下のポイントが浮き上がります。

・競争率が低く就職しやすい
・優良な中小企業も存在する
・実務経験を積みやすい

大企業と比較して就職率の良さだけで選ぶのも方法ですが、待遇面でも大企業に負けない中小企業も存在します。

また、実務経験を積みやすいため、キャリアアップのためのステップとして選ぶ人も存在し、業種の転換なども含めて様々な選択肢が存在します。

転職を成功するためにも、中小企業の中身をよく見て研究することがプラスになることも多いのです。