転職の面接を乗り切るための3つのポイント

1.身だしなみは必ずチェックする

面接では何をチェックされるかといえば、その人物の人柄がチェックされます。そのため、まず内面ばかりを整えて面接に挑む方も多いのですが、面接官がチェックするのはそこだけではありません。

どのような外見をしているかも、審査対象となるのです。この外見とは、例えばスーツをきちんと着こなしているか、清潔感のある見た目をしているかなどが該当します。

いくら高いスーツに身を包んでいても、ネクタイが歪んでいたり、ボサボサの髪型で面接に挑んでいるとだらしのない人物と捉えられる可能性があります。

オシャレをするわけではありませんが、相手に不快感を与えない姿で面接に挑むことで、面接室に入室した時点で好印象を与えましょう。

第一印象は想像以上に相手に強い印象を与えますし、その第一印象が最後まで尾を引いてしまうことも珍しくありません。ここで相手の気持を掴むくらいの気持ちで面接に挑みましょう。

2.相手の質問を予測しておく

これも面接においては大切な準備の一つです。面接では必ず質問を投げかけられますが、ある程度質問内容は決まっています。稀にユニークな質問を投げかけられるケースもありますが、そうしたケースを一々予測していても対応できません。

まずは、よく投げかけられる質問への答えを考えておきましょう。例えば、なぜ転職をしたのかはどの面接でも訪ねられる質問です。ここで注意したいのは、相手にネガティブな印象を与えないことです。

以前の職場に対して不満を抱いての転職かもしれませんが、これをそのまま相手に伝えるとあまり良い印象は与えません。むしろ、転職してもまた職場を離れるのではないかと不安視されてしまいかねません。

新しい可能性に挑戦したくなったから、より自分のスキルを活かしたくなったからというポジティブな気持ちを面接で伝えることができれば、好印象を与えることができます。

3.基本的なマナーは最重要

転職ということは、すでに社会人としての経験を積んでいる方が対象となります。そのため、社会人としてのマナーが欠けていると、新卒者よりもマイナスな印象が大きくなりかねません。

入退出時の挨拶や会話の仕方など、社会人として当たり前のマナーがなっていないと判断されないように注意しましょう。また、面接の場は独特な雰囲気が漂っているため、その雰囲気に呑まれてしまうと本来の自分のアピールすることができません。

練習は入念にこなすことで、必要なマナーを本番でもこなせるように準備を進めておきましょう。加えて、履歴書の内容は必ず把握しておきましょう。面接官は履歴書を見て、こちらの経歴をある程度判断しています。

その内容を自分が覚えていないのは非常に悪い印象を与えてしまいかねないので、注意しましょう。

面接で「最後に何か質問は?」に「特にありません」は禁句|転職 – アデコ

上記内容をまとめると

1.面接のスタートは身だしなみから
2.テンプレートな質問は答えを準備しておく
3.社会人として当たり前のマナーは必ず身に付けておく

以上となります。

新卒者に比べて、転職者は即戦力であることを期待されます。即戦力とは何も能力だけでなく、いかに社会人として最低限のマナーが身に付いているか、経験を積んできたかがチェックされるのです。面接はこれを確認する場でもあるので、ここで躓かないように注意しましょう。